FC2ブログ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

上向きにならず



名称未設定 1


結局何が悪いか分からないまま、それでも練習を続けた一週間が過ぎた。

とにかく休みを無くして、休みたい日や時間が無い日はピストで3本ローラーを小時間で良いから乗るって感じでやってみた。


休息日目的でやってる3本が逆にキツいのか徐々に出力は下がっていったわけだが。















先週1週間の感じ



日曜日は社畜期間前の最後の外出できる時間だったので前回書いた通りcolors練に行った。

そこで調子が最悪だったのもあって、月曜日はまずは軽めにと3本ローラーで15分走。


火曜日はZWIFTレースを1本。TSS87稼いだからなかなかの強度だった。


水曜日は短めのZWIFTレース1本やってTSS58。その後3本ローラーでおかわり10分走。

この辺りから3本ローラーで平均50km/hがでなくなってくる。


木曜日3本ローラーのみ。20分走を淡々とこなすがやはり平均50km/hがでない。パワーが日に日にでなくなっていく感覚。


金曜日は予定があって乗れなかったのでレスト。


土曜日もまだ疲れがあったので3本ローラーで20分走。一日休んだにもかかわらず50km/hを維持できない。



半ばふてくされとも言えるし、全く無気力に日曜日を一日ガンダムを見て終わる。幸い仕事も待機していたが入らず、本当に食って寝てはガンダム見るという稀に見る堕落した生活を送ってしまった。



翌週月曜日は切り替えて一日休んだから回復しただろうとZWIFTでSST。

のはずが相変わらず全くパワーが出ずに、SST強度すら維持できない。


アップ等除いてSST40分だったわけだけど残り10分でオーバーヒートのような感じで目の前が真っ白になって終了。

そのまましばらく気持ち悪くて床に転がっていた。



でもそこで折れていても仕方がないわけで、翌日火曜日は気を取り直してZWIFTレース。

相変わらずAクラスには付いて行けないが、この日もBではとりあえず勝つ。

今まで出せていたパワーと比べるとさみしい感じだけど、それでも展開考えながらやればある程度はいける。



中途半端アタックマンがいたせいで、無駄なアタックとそれを追うためにスピードが上がってしまうB集団のジレンマに無駄な体力を使わされた。普段の自分ってまさにこんな感じなんだろうな。


ラストも800mぐらいからボルケーノするつもりが1.5kmでそいつがアタック掛けるもんだから追わざる終えず、かなりのロングスプリントになってしまってフラフラになった。


それでも1分20秒程度のもがきなわけで、それは1000mTTやっているようなもんだから何とか出し切れた。


水曜日もZWIFTレース。



山岳系のコースのレースだったので自分には分が悪いなとは思ったけど、とりあえず参加。

人数が少なかったのもあって、3周のレースの中で2周目にAクラスの数人と飛び出してBでの勝ちは早々に勝ち取る。


ラストの登りまでは付いて行けたんだけど、そこは地力の差か。飛び出したAクラスの人に付いて行けずに終了。

もう一人の人はよく見かける日本人の人だったんだけど、次のレースまでの繋ぎで参加していただけだったようでラスト登り前にコメントして離脱。

いつも速いのに同じペースでアタック掛けないなと思っていたらそういう事情だったようだ。




結局ラストの登りで心が折れたのもあって1位のAクラスの人に52秒差も付けられた。

んー残り3kmぐらいでこれはまずいよなー。


でもZWIFTレース上では40分NP280ぐらいのパワーが出るぐらいまではこの二日間いけた。

意外と癌ははピスト3本ローラーなのかもしれない。


予想以上に疲れるんだ。






結局何が調子を左右しているか分からず



1.5週割と最近では練習日数としては一番コンスタントに練習して見たものの、何が好不調の要因かよく分からずにいる。

試しに取ってみた3本でのペダリングを見てもさっぱり(そもそも良いペダリング何か動画見てもさっぱり分からん)


[広告] VPS





ピストで3本を上手にペダリングできていないのはよく分かっている。

ケイデンス上げると腰がポンポン跳ねちゃうしね。



やっぱりピスト乗っているとごまかしがきかない。

ロード乗ってるとギア比上げてケイデンスを落としてガンガンパワーでごまかそうとする癖があって、ZWIFTレースである程度調子を上げれているのもそれが原因なんだと思う。


逆に実走でcolors練なんか出ているときは、意識しないとケイデンスどんどん上がって100超えちゃうのね。

っでこないだはサイコンを新しく導入したり、XPLOVAの表示を変えたりしたから、表示している数値を全然見る余裕が無かった。

要は感覚で漕いでいた。



colos練に参加させてもらうようになって、ある程度スプリントにちょくちょく絡めるようになってからはケイデンスをとても意識していて、意図的に85~90rpmの中に収まるように調整していた。意識するようになってスプリントに絡めるようになったという方が正しいか。


とにかくケイデンスを上げすぎない用に注意していた。




結局それだけでは無いんだけど、ざっと思い返してみるとペダリングが汚いのは今に始まったことでは無いけど、たぶんシューズを変えたのもあるし、何か身体の感じが変わっておかしくなっていたのかもしれない。


その普段以上にロスの大きいおかしな状況で、ピスト3本やるもんだから余計に上手くいかない感じになったなんて事は無いだろうか?

ピストは当然シングルギアだからギアチェンジでスピード上げれない。だからケイデンスに依存するしかないわけで、3本ローラー上とは言え50km/h出そうとしたら120回転ぐらいは必要なはず(ケイデンスセンサー付けてないから定かでは無いが)

120回転も回せばペダリングが下手な人は相当なロスが出るし、無駄な力を使う。



結局それが浮き彫りに今まで以上になってきたのがそもそもの発端なんじゃ無いかと勘ぐっている。




それでも少しずつでも前に進むしか無い。


やれるうちはやろう。



そう決めて粛々とやっていくしか無い。

暑さに負けてと言い分けしているのだから、室内ローラーでゆでだこになり、夏本番が来る前に耐性を作っておかないと。


きっと秋になれば大丈夫。


そう信じて積み上げるしか道は無い。



もちろん社畜期間が明けたらフィッティング行って原因も調べる努力はするけど。

精神が折れてなければ大丈夫だと思う。



最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/545-a54c9b0b