FC2ブログ
人気ブログランキングへ
2018.11.10 最高速の向上
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

現状の改善



名称未設定 1


毎回ブログでいろいろ改善案とか考察する割に自分に足りていないのはやはり練習量なわけで、結局あーだこーだ言う前に練習しろって言うのが大前提なんですよね。

ほんの少しだけ仕事も落ち着いてきてやっと練習に取り組める状態になってきたので、今年の冬は何しようか考え始めたわけです。


この数ヶ月はとにかく週1~3日ローラー回して現状から少しでも劣化しない様にするのが精一杯だった。

ただその間にバンクはチョロチョロ走っていて、思ったほど能力が落ちていなかった。


今年は落ちる能力と落ちない能力。


忙しい時ほどやらなきゃいけない事と、放っておいてもある程度大丈夫な事の自分なりの線引きは見えた気がする。


極論強くなりたければ精神力をとにかく高めるのが一番の近道って言うのは変わらない。


と言うか精神力強ければそれは自転車でも仕事でもプライベートでも全ての分野で生かされるので、自己啓発ってバカにできないと思う。



同じような環境下に置かれた人でも精神力が強い・高い人はより強度が高く、長い時間、多い頻度で練習ができる事は明確。

まあその精神力を簡単に高める方法が自己啓発だったり、何かにすがったりなんだろうけど。


そういうのに嫌悪感がある自分は結局今の環境の中でモチベーションをとにかく自分なりに維持していくしかない。


結局同じ事をただ長期継続するのが苦手というか、できてない自分は短期で目標を何度も定め直して、それをモチベーションに練習内容を変化させていくしかない。


そうやって効果や必要な事を自分なりに確認しながらやっていく。

冬を前にまたそういう時期が来ているので再度見つめ直す。















練習量の確保



練習量の少なさから激落ちした能力は心肺能力。

もっと簡単に言うと持久力。強度に耐え続ける力が落ちた。

そして体重。



体重自体は変わってないし、相変わらず日々行ったり来たりしてるんだけど、明らかにお腹周りの肉や全体的に脂肪が付いた感がヤバい。


結局この持久力低下と脂肪増加でロードバイクは明らかに遅くなった。


前回ロードバイクは20分のレシオを上げて行く事スポーツだと言ったけど、この部分が圧倒的に去年より落ちている。

去年のピークは12月で(なぜ?)FTP289Wぐらいあった。


それが現状は280Wないぐらい?あくまでZWIFT上だけど。

そう考えると言うほど劣化してない気もしてくるけど、明らかに実走してる感じはロードバイクは全然ダメね。


去年の夏ぐらいが一番落ち込んだ時期で、一時期250Wすらキープできなくなっていたので、それに比べたら成長は見える。


近々の3ヶ月間見ると8月は700km近く走っているし、忙しくて死んでたと思っていた9月も500以上は走れている。

問題は10月が160kmしか走っていないので、ここでさらに落ち込んだ可能性はあるだろうね。



それでも11月に入ってZWIFTレースしている感じだと270WぐらいはFTPまだ維持できていそうな感じ。

結局忙しくてツラい中でもやり続けなきゃいけないのは持久力に対するトレーニングで、そこを強化・維持する為には1時間程度のトレーニング時間を少なくとも週に3回以上は割かないと現実問題厳しいと思う。



これからバンク一本に絞るって言うなら20分の練習時間の中でインターバルをし続ければ、目下のバンクを走る上での身体能力向上って意味では問題無いから、あとはそれを回数こなせるかだけ。

仕事で余裕ないし、疲れ果てていると言っても、一日の中で20分自由な時間が作れないと言うのは稀だろうし、これが精神力に直結してくる部分だと思う。


1時間確保するのは難しくても、サクッと短めのZWIFTレース出て限界走できるかできないかが今後の分かれ目だろう。


あとはお腹周りの肉が本当に嫌になってきたので、ここはなんとかしたい。







この冬上げたい能力



今年の冬上げたい能力。


それはペダリングスキルと最高速・ダッシュ力の向上。




二年間パーソナル通って明らかに筋肉は付いたし、それによってベースの部分は確実に引き上げられた気がする。

トレーニング量は減ってもある程度現状を維持できているし、ハイパワーを打てる回数が格段に増えた。


代償として失ったのが体重増加だったり、ロード的な持久力だったり。



それでも今年の富士ヒルはなんやかんや自己ベスト更新してしまった。体重5kgぐらい増えたのに。

そう考えると現状の自分の状態って、整備調整されていない以前より大排気量の大型エンジンって感じなのかも。



肉体的には以前よりパワーアップしているけど、それを全く使えていない。練習量が落ちているのに結果があまり変わらないのはそういう事なのかしら。


ただこの二年間でベースの身体は強化されたけど、今の所最高速って意味では結果に全く結びついていない。


自転車を始めたときからほとんど変わらない最高速。

最高速ばかりはもしかしたら持って生まれた物じゃないかと思ってしまうぐらい伸びてないんだよね。




なので今年の冬はその改善に取り組んでいきたいと思ってる。

二年前の冬はウェイトしかしないとか言う謎の期間を2ヶ月近く作って大失敗してしまったので、現状のローラー生活を軸に無理なくやれるレベルの瞬発力向上を考えている。


お腹周りのダイエット込みでね。


自分の長所をしっかり意識すると、やはりもっと瞬発力を強化すべきなんだ。

結局一瞬で飛び出す能力とペダリングスキル、そしてエアロフォームを会得したときに最高速の壁は越えていける気がしている。


バンクを走っているとパワーじゃない何かが見えてくる気がするんだ。



単純なウェイトの重量とかだとガールズの選手にすら勝てない自分。

だけどパワー不足で負けている感じは今の所しない。



どちらかと言うと見えない壁に塞がれたその先に行くことができない。

そんなイメージ。



その見えない壁って言うのが空気の壁だったり、ペダリングの壁。



パワーが圧倒的に足りなくて付いて行けないとはなぜだか思ってなくて、流れに乗れない・推進力に変わらないから付いて行けない。

そんな風に思っていることが多かった。



後ろから引き剥がされていく景色を見ているときに、自分よりもハイパワーなエンジンが積んであって剥がされていくイメージよりも、エンジンで言うなら回転数が上がりすぎて頭打ちしてスピードが上がらないイメージ。

もしギアを一段上げれたら追いつけるのに。


そんなイメージで見ていることが多かった。



まずは空気の壁に抗えない。

だから上半身をできる限り倒す。とにかくステムに自分の顔を近づける様に必死に落とす。


そうすると今度は脚が悲鳴を上げる。


詰まった可動域のせいなのか、これ以上回転数が上げられないと言わんばかりに。

それでもケイデンスを上げようとすると、ペダリング汚くなって上半身が暴れ出す。


暴れ出した上半身は力の逃げ場を探して起き上がろうとする。



今感じている課題はここにある。



頭の中でイメージはできてるんだ。

いろんな事が。




それをどうやって現実に落とし込んでいくか。

スキルに関してはその反復練習をひたすらやるしかない。


現在のギア比が3.57。


姉弟子より3.9倍付近までギア比を上げた方が良いとアドバイスを頂いた。



重くなったギア比を一気にスピードに乗せる瞬発力とそれを維持する持久力。

これが付いてくるともう一段高い壁にたどり着ける気がする。



その為に何をするのが効果的かいろいろ今調べている。










最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/556-26d0ac1f