FC2ブログ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

低圧・ワイドリム



名称未設定 1

昨今はすっかりワイドリムが主流になってきた。


そしてこの一年でいろんなエビデンスが出てきて、高圧によるロスが注目される様になった。

その辺は詳しく書いてあるのは他にいろいろ探せば出てくるので割愛。



そんな中でもなんて言うか、ずっと細いタイヤのが好きだし、高圧が好きだった。

高圧が好きな理由はパンクしづらい気がするってのもあるんだけど、高圧のが転がり抵抗低くてスピードが速いと思っていたから。

重量もワイドになるほどに当然重くなるので、坂道での微々たる差すら気になっていた。





変わってきたフィーリング



結局バンク走っているとよく分からない。


低圧よりも結局高圧で乗っている方が路面が綺麗なのもあるからロスも少ないんだろう。

やっぱり速い気がするし、競輪選手とか未だに細いタイヤが主流なわけで。


そんな中で23Cのコルサスピードが硬くてはめられないと言う理由だけで、25Cを履いている自分はバンクの中じゃ珍しい太さなんだと思う。


クリンチャーに対する悪いイメージもいまだにあるので、そもそもチューブラーが当たり前なわけだけど。



そんな中でロードの世界は実業団クラスですら実用面等も考慮してクリンチャーが増えてきている。

でも5年先を進んでいると言われているMTBやシクロ界隈ではチューブレスが当然主流なわけで、バンクもいつかはチューブレスになっていくのかなと思う。


ロードはもう間もなくチューブレスが一般的になって、チューブラーは絶滅するんじゃないかと思ってる。



そんな中でナローリムを選ぶ方がナンセンスになってきたので、ROVALを買ったわけ。

そうなるとスーパーワイドリムと言われるだけあって、ものすごくリム幅は広くなって、タイヤの幅も必然的に25Cを履く様になった。




ROVALを買って、時代が低圧のがロスが少ないと言う風潮も重なったのもあって、最近低圧を少しずつ試す様になった。


クリンチャーなのであまりに低圧は怖くて、7.5BARぐらいから。

元々8BARとかキンキンに入れていたので、それでもちょっと減らせばフィーリングは変わった。



ひょんな事でMAVICのアプリで適正空気圧見てみたら6.6BARぐらいまで下げれそうだったので、下げてみたら何でか知らんが無茶苦茶速い。

なんか目から鱗なぐらいよく進む気がして、それから空気圧は下げて乗る様になった。




こうなってくると気になるのはチューブレス



この感じを体感してしまうと6.0BAR程度まで落としたチューブレスタイヤで28Cとか履いたら無茶苦茶速いんじゃないの?って興味がとても湧いてきますよね。

なべ兄やンとか昔から28Cのチューブレス愛用していて、やっぱりロング走ると無茶苦茶速い。


意外とこの辺のタイヤと空気圧とロスの関係での速さの部分もあるんじゃないのと?興味を持ち始めてしまった。




今使っているROVALは海外ではCLXの方はチューブレスレディを謳っている。

日本は要求される物がキツそうだから取り下げたそうだ。


空気の抜けていく早さがやはり早い様で、どれぐらいちゃんと使えるかは未知。



っでやっている人も思ったより少ない。



あとはチューブレス一回も使ったことないってのがネックで地団駄踏んでいるのもあるけど。



出先でのパンクで、あのはめづらいタイヤに遭遇した場合を考えるとちょっとね。

そう考えると素直にMAVIC UST買っておけば良かったとかなりそう。


簡単にはまるみたいだし。




でもあの低圧でのスピード感を体感してしまうと、チューブレスにすればさらに路面抵抗は良くなるので、そのスピード感を一度試してみたいと考えてしまう。

1ヶ月半以上外走って無いのにw




値段もそれなりにかかるから失敗したとき厳しいので、ちょっと考えてしまうわけだ。


誰か私をチューブレス沼に導いてくれ。






最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/561-603a5858