FC2ブログ
人気ブログランキングへ
<にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

h3 class="midasi03">久々のパーソナル

名称未設定 1

久々にやっとパーソナルトレーニングに行けた。

ただ内容は散々だった。



ここまでダメかと言うぐらい身体が言うことを聞かないし、今までできていたことがやれない。

今日はその辺りの話し。





現実と現実と感覚



異なった現実が二つある。


まずは久々に乗ったロードバイクでは思う様に漕げないながらも、COLORS練ではそれなりに付いて行けた現実。

そしてもう一つは昨夜のパーソナルでのあまりの弱体化。



その日の調子や疲労具合とかいろいろあると思う。

でもそういう事を抜きにして、自分から見た現実は異なった現実が二つある様に感じる。





仕事で追い込まれていた。

それは事実だし、実際に満足に練習できていなかったのも事実。



だから練習不足は言い分けできないし、それで嘆く事なんておかしな話しだ。やってないんだから。


それでもそんな中で自分なりに限られた時間で…




ローラーを回した



スクワットしていた





それのおかげでとりあえず維持はできているものだと勝手に思っていた。

夏ぐらいから去年の冬にできていたメニューがこなせなくなっていたのは気付いていた。



パーソナルに行っても息切れが早く、今までのやってきた事がやれない。力もすぐに入らなくなってしまう。

それらはみんな去年の冬に比べたら全然パーソナルに通う頻度が減っているからだ。


それは間違いない。




自分の中で感覚と現実の乖離が最近大きい。

それは過剰評価された自分のイメージとの誤差なのか、上手く連結させれてないからなのかは分からない。


でも間違い無くズレがある。




それでもこないだのCOLORS練ではそれなりにやれてしまったし、9月10月のバンク練では自己ベスト更新するタイムをたたき出せた。


昨日はショックで何にこんなに違和感があるのかよく分からなかったけど、一日経ってみたら少しずつ冷静に考えられる様になった。



まずは感覚のズレ。

これはすぐには解決するには厳しいと思う。



この感覚と実際のズレの考えられる原因はこないだも書いたけど、身体(エンジン)が出しているパワーが上手いこと推進力に変わっていない違和感。

その差が自分の過剰評価によるものなら勘違いだからすぐには埋まらないし、身体の使い方でもどれぐらいの期間を要すればイメージとのすりあわせが行えるのか分からない。





もう一つは自分でやっている程度のウェイトじゃどうやってもパーソナルでやるレベルまで到達しないし、足しにもほとんどなっていない現実だ。


道場仲間も同じ事を言っていたが、自分自身の追い込んでいるつもりのウェイトレベルじゃ、パーソナルでやるレベルと比べて雲泥の差だと言うことに気付いた。


結局無駄ではないだろうけど、一人でやっているレベルのウェイトとパーソナルでの質を比べたら比べものにならないし、一人でやっているレベルで続けていてもパーソナルでさらにやれる様になるかと言うと全然結果に反映されてきていない。


それぐらい追い込まれているから1週間近く筋トレで動けなくなるし、目の前が真っ白になって吐きそうになる。

自分でジムとか通ってウェイトやっても良いとこ筋肉痛なんて翌日と残っても翌々日ぐらいまでだ。


こればかりは一度やった人じゃないと分からないと思う。



それでも結果的には2週間に1一度。現状では1ヶ月に一度しか行けてない用じゃ、質は良くても量が圧倒的に足りずに弱体化する一方何だろうな。

あんなツラい思いして無駄になっていると思うと本当に嫌だ。



昨日は本当に自分でも笑ってしまうぐらい何もできなかった。

体幹なんて先生に「女子以下やな」と言われるレベル。

スクワットも85kgを数回上げるので限界だった。




何でこんなに弱くなってしまったんだろうと嘆いたけど、それは自分が練習してないからだ。

維持できる様にはやっていたつもりでも、それは全部つもりで全然強度が足りてなかったんだろうな。



上昇する事しか考えて無かったけど、加齢を重ねるごとに劣化する速度も上がっていくことを考えていなかったとあらためて思った。




ずっと言い続けてきたけど、パーソナルと普通の練習の兼ね合いを上手くやれたら何も問題はない。

何よりもこの筋肉痛をどうにか短い期間で回避できれば何とかなるですけどね。



もしウェイト自分でちょっと取り入れてるぐらいの人がいたら、一度パーソナル行ってみるとよく分かると思う。

あんなに筋肉痛になるようじゃスケジュールも建てようがない。






でも必要なパワー



それでも必要なのはパワー。


先日ギア比3.85に打ちのめされたばかり。

まだまだ自分はモアパワーなわけで。




その為にはいい加減100km以下で脚踏みしている場合じゃない。

より高重量をバカバカ上げて、2000W近く出せる様にならなきゃ話にならない。


でも全然現実は遙か遠く。


今はいろんな事が上手くいっていないから嘆き気味だけど、喉元過ぎればなんとやらで、とにかく黙々と現実と向き合うしかない。






ロードでの強さとバンクでの強さとウェイトでの強さ



ずっと思っていたモヤモヤはここで、自分が今まで取り入れてきたメニューはあくまでロードとしての強さの域を抜けていないんだと思う。

これをもっとバンクでタイムを出していける強さにしていかないと。



ペダリングや身体の使い方が綺麗ではない自分。

そして高強度にタレずに仲間の様に長い時間耐えれる訳じゃない。


ロード乗りとしてでも1000mTTを70秒前半ぐらいまでは、地脚の強さがあれば出る可能性は十分にある。

ただそれはあくまで持久力・乳酸耐性みたいな物が激強い前提なら。



その先はやはりモアパワーの世界で、最高速を出せない以上は見えてこない世界。


ロードでの強さとバンクでの強さはある程度のレベルまでは必ず共生できるはずなので、なりたい自分に対してのアプローチ方法をもっと考える必要がある。

長時間の練習時間を作れないと言い分けしているんだから、もっと頭と自宅でできる方法で強くなる事を考えていかなきゃいけない。

何度心が折れかけようがすぐに立ち直るしかない。


アイシールド21に書いてた通りですよ。


挫折なんてみんなする。

メンタル強い人でも挫折する。その回数は少ないかもしれないけどね。


ただ問題は挫折した後で、一流ほど立ち上がるのが早いだけ。

弱いやつほど挫折してひざまずいたまま、立ち上がろうとしない。




昨日はショックだったけど、やっぱりなりたい自分がある以上はいろいろ大人だから制約が出てくるのは仕方ない。

その中でやれる方法を考えて、結果を出していくしかない。



挫折したり、立ち止まって、もう自分にはできないと諦めてしまうならそれでもいい。

でもやりたかった、なりたかったのに諦めてしまうのはやはり悔しい。


年齢を重ねて行けば行くほどやれない理由は増えていってしまうのだから、また明日から頑張ろう。

今日からと言いたいところだが、このシーズンは社畜忘年会シーズンだ。


日曜日の立川バンクまでには筋肉痛治ったら良いなとか思ってるけど、たぶんピークで酷いんだろうなー。

あっ…しゃべればまた言い分けしてしまう。。。。。





最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/566-b9f34a87