人気ブログランキングへ
前回の続きです。


IMG_1278.jpg






1日目は横浜方面をぐるっと回って帰ってきたわけですけど

まさかの発熱。風邪がぶり返しましたね。



その日は早々に寝て、2日目の朝もう一度様子を見ることに。





そして2日目の朝。



体温を計ってみると35.5℃


低体温なので平熱です。これなら大丈夫かな。

まあ一日目もこんなだったんですけどねw





体調に不安を残しながら二日目に出発。


目的地は尾根幹~大垂水峠からの和田峠。




東京に住んでおきながら、東京の山と言えば奥多摩しか頭にないので

今まで高尾方面は全くノータッチでした。






なぜ興味を持ったかと言えば、ラジオから。




伊集院光のラジオ「深夜の馬鹿力」が好きで、毎週聞いているんですが

ラジオの中で伊集院が大垂水峠を越えた時の話が最近あったんですよね。



細かくは前にも書いてるので割愛します。




その中で伊集院が辛い辛いとあまりに言う物だから興味持っちゃって

今回のプランに至ります。



まあ伊集院クラスの体型じゃどんな山でも辛いのは間違いないんですけどね。


でも自転車嫌い嫌い言いながらも、結構乗ってるところが好きなんですよね。



そして話すのが上手いから、本当に面白く聞こえる。

実際に登ってるエピソードなんてたいしてみんな変わらないと思うんですよ。


ただ辛い坂登るだけですし。










そんなこんなでスタート。




いつもの尾根幹です。

013.jpg


写真は尾根幹とは関係ない今回二日間共に走ったエース。






言うても滅多に抜かれることないんですけど、さすがに日曜日の尾根幹。

足をこの後の峠のために温存している+昨日の疲れがかなり残ってるのもありますが


バンバン抜かれます。



普段なら張り合ってしまうとこですが、ここはグッと我慢。

一定のペースで黙々と走ります。



まあ張り合ったところで結局は千切られるわけですし…w


でもこういう性格だからきっとレースとかは向いてるんだろうなと思う。



尾根幹を超えて小山の交差点を右折すると、いざ高尾へ向けて町田街道を北上します。




ゆるゆると町田街道を走り終わると見えてきました。

高尾駅。




さすがにローディがいっぱい。


こんなにたくさんローディ走ってるとこそういえば見たことないかも。

登山客もいっぱいで春の高尾は賑わってますね。






ここで補給開始。コンビニで消費した分のカロリーを補給。

昨日は補給に負けた感があったからね。



いざスタート。



突然さっきまでバンバン大垂水に向かっていったローディがパタッといなくなりますw

まあその方が気が楽で良いんですけど。




大垂水の感想はんー可もなく不可もなくw

距離が短いし、斜度もむちゃくちゃキツイわけではないから、割とサクッと登れる。




疲れがだいぶ残っていたので、ペースを上げることはなくゆったり登ったのもあるかもしれませんけど。



あっという間に頂上で行きはどこに石碑があったのかわかる間もなく、下りにw


015.jpg



しかしこの辺から違和感が。


汗を書いたのもありますが、下りで急激に寒くなる。

悪寒に近いぐらいの感じで寒くなるw



そのまましばらく走って和田峠入口に到着。






地獄はここからだった…





和田峠…EDG510J君が勾配11%とか表示してます。


山が割と登れるようになったとか撤回しますw



正確には9%までの坂は少しコントロールできるようになったですね。

それ以上はフラフラ登るのが精一杯。



とにかく登る。ひたすら11%付近でちょろちょろ動き回る勾配を見ながら

ひたすら踏む、回す。



しばらく走った時にまさかの光景が。








道路閉鎖されてますやん。






写真撮る余裕すらなかったけど。






確かに入り口に林道閉鎖中って書いてあったけど、林道なんて書いてあるから

脇に逸れた獣道みたいの想像してた。





普通に車道が閉鎖だったか…




その先を他にいたローディさんが見に行って教えてくれたんですが

どうも道路アイスバーンがっつりしてるみたい。




この暖かい陽気で、大雪からもう1ヶ月以上経つのに。


恐ろしい所ですね。








「登りたかったなー。実に残念。せっかくここまで来たけど封鎖じゃしょうがないよね。」










しかし心の中では…












「マジ助かったーー!!!絶対こんな坂無理!!無理無理!!閉鎖されててラッキー。今日は大人しく帰ろう帰ろう!!」















と言った感じになってましたw





ってか昨日同様異常なまでの体力消耗と疲労感が半端ない。

高尾から電車で帰ろうかと思ってるぐらい余裕がなかった。



しかし引き返すと言うことは再び大垂水峠を越えるということ。

もうその時点でだいぶ項垂れていました。





そして地獄の大垂水往路が始まったのでした。


苦しくもこの相模湖~高尾側の大垂水は、今回行くきっかけになった

伊集院がまさにラジオで話していたものでした。





普段ならそれなりで登れる気がする坂もこの日は表情が違います。




まさに地獄。




エースに前を引いてもらいながら、必死に千切れるかと食らいつきます。






決して速いなんて思ってませんが、なんか悔しいですね。

速くないけどさすがにこんなもんじゃないはず。



そんな思いを込み上げながら、ただ折れそうな気持ちを押し殺してペダルを回します。




やがて頂上に着くとその場にへたり込みます。

本当は石碑見つけたから石碑撮るために止まろうと思っただけなのに

それどころじゃ無くなってしまい、しばらくその場に座り込みます。




IMG_1280.jpg






石碑もズームで撮影する始末w






「今日は高尾から電車で帰ろう」








そう決めて下山です。エースを一人残すのは忍びなかったですが

身体に上手く力が入らない。



もしかしたらまた発熱してるのかもしれないし。




とりあえず下山して昼ご飯食べたら輪行だと、下りをただ惰性に任せて降りていきます。






そんなこんな走っているとちょうど良いところにマックを発見したので二人でマックに入ることに。


お昼も食べてないしね。





マック大好きな自分ですが、最近ダイエットも兼ねてマックあまり食べないようにしてるので

どんなご馳走よりも嬉しかったり。



自転車で頑張った時だけはマックをお腹いっぱい食べると思って走るときもあるぐらいですからね。




お腹いっぱいになってしばらく休憩。


14時の遅い昼食だったのもあり、少しずつ風も冷たくなってきました。




さて輪行の準備だと立ち上がると…










「あれ?なんか体調が少し元に戻ってる気がする」








試しに少し走ってみることに。


結局家まで25km漕いじゃうわけですけどw




家に帰って熱計ったら37℃あったので熱があるのは間違いないでしょうが

ご飯食べたら元気になったって事は、もしやまた補給ミスだろうか。




途中でウィダーも飲んだし、山の手前で軽食も食べたんですけどね。


体調のせいか、補給ミスか?


良くわからないままの2日間でした。






その後は16時頃に家に着いて、お風呂に入って眠りに着くと

気付けば朝でした。




珍しく12時間近く寝てたみたいですね。


やっぱり体調って大事だなとあらためて感じました。


月曜日は休息日にして、火曜日から練習再開しました。



ではまたーーー。





最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/57-f2561363