FC2ブログ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


レースも終盤戦



IMG_7689.gif

すっかり書いたまま上げたつもりで忘れていたので、後編ちょっと遅れてアップします。



ここまで何だかんだ1kmTT→4kmチームパシュート→スクラッチ→チームスプリント→350m速度競争→ケイリンと怒濤の勢いでこなしてきた。

残すところはあと1種目。



3kmハンディキャップレースのみ




やっとここまで来たかという感じ。



今日はそんなレース終盤の模様とまとめを最後に書きたいと思う。










あれ?意外と…



初めの1kmTTでは11位とかなり出遅れたタイムだったので深くは考えて無かったんだけど、あと1種目残したところで、総合見ていると次勝てば巡り合わせによっては3位ぐらい入る可能性あるんじゃないの?と気付く。


正直ポイントの割り振りがどういう割り振りになっているのか分からないから次の結果次第なんだけど、今二つ勝っているわけで、3kmハンディキャップも勝てばもしかしたらって気持ちになる。




ただどういう基準で決まってるのかこれも分からないけど、3kmハンディキャップは2組目なのは良いけど一番後ろから二番目で180mぐらいハンディ付けられた所からスタートなのよね。


後ろには吉田さんがいるし、さて開始早々先頭を追いかけないと、スクラッチで負けたsingle speed soldier(以下SSS)の方が前にいるからそのまま逃げられる可能性もある。


そもそもこの競技も出たことないから勝手が分からないけど、とりあえず流れに身を任せて出てみることに。





3kmハンディキャップレース



スタートの合図と共にペースを一気に上げて前をどんどん飲み込んでいく。


幸い全員が同じように考えていたようで千切れる事無く、ほぼ等間隔で差が詰まっていって最終的に集団になったように感じた。

後ろに吉田さんがいたから追いついてくるの待って二人で回す事も考えたけど、このレース展開の場合吉田さんにやられる可能性がかなり高そうだったので、むしろマークした。



集団になってからはけん制気味のスローペース。


まあうちのグループ中学生と女子が一人ずついたのもあるんだけど。

IMG_7684.gif


IMG_7685.gif




先頭に出たらそのまま後ろに下がってって感じで走っていたら、やっぱり女子や中学生で遅くなっちゃうのは仕方ないよね。

その瞬間後ろから吉田さんの怒号が飛び…




上がれーーーー!!





と言う声と共に遅い人達は駆け上がって下げられ、吉田さんが単独でズバーッとペースを上げ始めた。

それにSSSの方が反応して…



吉田さん→SSS→自分→イカワカラズ



見たいな隊列になった。




これでローテが回しながら最後まで行くのかと思ったんだけど、吉田さんが駆け上がって上がるとSSSの方もそのまま後ろに付いて上がっていってしまう。


徹底的に吉田さんの後ろをマークしているのか牽く気がないのか?

レースの展開的にはそういう事もあるだろうけど、露骨にやられると何とも微妙な感じがする。



今度は数周回って自分が先頭でローテで駆け上がって後ろに下がろうとするタイミングで、今度はアタックがかかる。

そのまま一番後ろに付いたら今度はそのペースアップに後ろが付いて行けず前で中切れが起こる。



このまま剥がされたら終わると、単独でブリッジをかけにいって結構な脚を使ってしまった。



完全に自分のタイミングを狙われていると思った。




もっと前の方でマークしていたかったんだけど、これで隊列が入れ替わる。



IMG_7681.gif


そのまま最終局面に向かっていく。


IMG_7708.gif




もう少し息を整えたかったんだけど、それも見越されてか早めにペースが上がり良く見えなかったけどたぶんSSSの方がペースを上げて独走態勢に入ったんだと思った。


あとは必死に追いかけるしかなかった。




そのままラスト半周でスパート。

でも結局追いつかず、まるっきしスクラッチと同じ轍を踏んでしまった。



悔しいけどフルで漕いでも追いつかなかった。それが実力差だろう。


結局最後は2位だった。





表彰式




全てが終わって表彰式。

まあ正直安堵の気持ちが一番大きい。

結局落車等も無く追われたことが一番。



高校生から順番に表彰されるんだけど、マジで大盤振る舞いで賞品がたくさん出てきた。

自分も350m速度競争とケイリンで勝っているのでチャンピオンTシャツや諸々もらい、何だかんだで総合も6位でギリ入賞だった。


IMG_7709.gif
IMG_7675.gif



初めてのトラックレースだったけど、とても楽しめた。

きっとそれで全てOKなんだと思う。


またあったら出たいなー。


IMG_7707.gif





そしてまとめと言う名の反省会



数日経って冷静に考えてみると初めてのトラックレース。

できない事、わからない事だらけなのは当たり前だ。




でもスクラッチと3kmハンディキャップで負けたことと1kmTTで思ったような結果が出なかったことが悔しかった。

そのことを終わった後の帰りの車内で一人でずっと考えていた。



まずは1kmTT。


これは自分を過大評価しすぎなところがあったんだろうなと思う。

そもそも一度立川で16秒台を出しただけで、1km何度か計っているけど軒並み20秒台とかこの一年結果なんて出てなかった。


それなのにこの日の初の室内バンクで調子よかったり、仲間が14秒台出すもんだから勝手に自分も14秒台出せるとか思ってしまったのよね。


順当な結果だったんだと思う。



15秒台だって普段のタイムからしたら5秒縮まってるんですよ。それってすごい事だと思う。

もっとやれたと言うよりも、もっとやりたかったって言うのが真実。




そしてスプリントで2度負けた悔しさ。

そこで悶々としていたんだけど、これも自分なりに腑に落ちる答えがある。



今回ルールでギア比を50×15以下に指定されていた。


ギア比としてはかなり軽い。




最後スプリントで全力で漕いでいたけど、頭打ちしていたんだと思う。


その証拠に普段体力が無いと豪語している自分が、最後の競技終わってもまだまだやれる感じだったのは結果が物語っている。


一度100%を出せばしばらくは動けないし、その日はもう100%で漕ぐことはできない。

それが何度もやってきた上での自分なりの答えだ。



でもこの日は何度も何度も繰り返しスプリントできた。



それってペダリングスキルの乏しさからケイデンスが頭打ちをして、結果的に筋力としては100%出せていなかったからなんじゃないかと思っている。

そのペダリングスキルも勝敗を分ける要素だから、勝ち負けでは言い訳にしかならないし、自分が弱いから負けた事実は変わらないけれど。



でも自分の弱点を可視化できたというか、どこに弱さがあるのか指摘してもらえて気がする。

結局今後の実際のレースだったらギア比をもっと上げれば対応できるわけだけどね。


いろいろ反省点や課題も見つかるけど、段々周りに強者が集まるようになってきて、いよいよホビーレースとしても中級者を脱却して上級者に入ろうとしている気がする。

ワクワクとすると同時にまだまだ足りないことだらけだ。


でも今年は幸先良いスタートが切れているから、ゆっくり確実に進んでいこうと思う。





最後まで見ていただきありがとうございます。


ブログ村のランキングに参加してますので


最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/590-412cad36