人気ブログランキングへ
どうもー。

御岳山編の続編です。









ゆるゆると滝本駅にたどり着き

ここからが本題の登山道です。




まぁ登山道と言っても道幅狭いプラス

倒れたら斜面転がり落ちるだけで

しっかりと舗装された登山道と言うより

林道ですね。


013.jpg






まずまた鳥居をくぐります。

しかしこの入り口がまさに斜度最上級。




012.jpg



EDGE510jの数値が正しければ26~30%。


そもそも車道じゃないからなのかわかりませんが、EDGE510jの数値が安定しません。

こうなると数値はあてになりません。







ただ他の方のブログ見てるのと体感で今まで経験した勾配とは比べものにならないのがわかります。




エースと共に力技でガシガシ漕ぎますが

すぐに力尽きて休むをコーナー毎に繰り返します。





距離はたいして長くはないんですが、激坂過ぎてあっという間に体力が削られていきます。



何がキツイって登山客の方が自分達を見るなり、歩いてもキツイ所を登って来た変態だと言わんばかりに






「自転車で登ってきてるの?すごいわねー」






などなど後丁寧にほぼすれ違い様にみなさん話しかけてくれますw






こちらは心拍が180を超えて190に入ったり入らなかったりしてるので、もう喋るのもキツイんですよねw



でもせっかく声をかけてくれるのだから、一人一人挨拶をして会話します。


そしてその後先に行かせてもらうと後ろから






「頑張ってー」






と応援されるので休みに休めなくなるんですねw






その声援に押されて漕いでいると不思議とコツがつかめてきました。



よく山は頑張り過ぎないのが良いと言いますが、今までは半信半疑でした。


そこまでエースとデッドヒートを繰り返して一定のペースを保って走っていましたが、エースが抜きにかかります。


当然負けたくないのでついて行こうとしたんですが、何かを掴みかけていたのでエースの逃げを見逃すことに。





しばらくするとエースはどんどん先に。


ただ自分は心拍や脚の疲れが弱まって来ているのを感じ始めました。





「頑張らずに頑張る」





この一見矛盾している事が実は速く走るコツなんだと次第に確信に変わっていきます。



するとバテたエースは失速。



決して速くはないですが、自分はジワジワとエースとの差を縮めていきます。





そして順位逆転です。





力尽きたエースは追ってくる気配はありません。


ジワジワと今度は差を広げていきます。





「山が気持ちいい!」





今まで感じた事のない爽快感。

正直、類を見ない激坂でハンパなくキツイはずなのに

今までのどの山よりも登っている最中気持ちいいんです。




掴んだコツの正体は…







「頑張って踏まない、回さない。」






勾配や坂の種類に合わせて頑張るのと頑張らないの境目を走ると言う事でした。


頑張れば脚が売り切れます。

頑張らなければ当然進みません。


山は長くてもたいていは一時間で終わります。





ゆっくり一時間半で漕ぐのと

急いで一時間を切るのでは前者が当然楽そうですが

体力消費量と時間は当然比例してるので

長い時間かけて走るぐらいなら、短い時間で登り切ったほうが結果疲れないのは良く聞く話です。





ただこれっていくら短い時間で走るのが良いって言っても全力で漕いだら当然そっちのが疲れるし、体力が続くわけがないんです。




この頑張り過ぎると過ぎないの狭間を常に探して選択する。





言葉で説明すると簡単ですが、これが出来るようになったらかなり自分の理想的なペースで走れるんじゃないかと思ったわけです。


何よりランナーズハイのように気持ち良さを保ったまま登り切れるのは、坂が苦手な自分には何より嬉しい。




まぁ結局最後のつづら折りで頑張り過ぎてゴール目前で一回止まっちゃうんですけどね笑





楽しい坂も終わりビジターセンターに到着。




ここからは人通りも多くなるので、歩いても御嶽神社を目指します。


014.jpg




御嶽神社の入口の鳥居に着くと、後は階段だけになるので、右側から裏道に回ります。



IMG_1299[1]




たぶんここが一番坂がキツイんじゃないでしょうかw


015.jpg





人も少ないから登ろうかとも思ったんですけど、ビンディングはめてるうちに転けそうなぐらいだったので諦めました。

無事に御嶽神社着いてお参りして、ゆっくりする間も無く下山です。





ケーブルカーで別料金払えば自転車もそのまま乗せれたんですが、今回は歩いて下山することに。



御岳山って登る人はたくさんいるんですが、下りはほとんどケーブルカーなので後ろを気にせず歩いて下山出来たのは良かったですね。




下山後はまた自走で家路に着きました。

所要時間も自宅から4時間もあれば往復出来るので、これは新たなブームになりそうです。


ヒルクライムの練習になってるのかはわかりませんが、激坂対策のトレーニングにはもってこいですね。



ではまたー。





最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/66-86ab5ad8