人気ブログランキングへ
2014.04.24 武道館
どうも。





今日は自転車から離れて…






「エビ中」







の事でも少し書きたいと思います。


上手くなんか書けないので箇条書き気味でごめんなさい。










先日行われた武道館。



当然ながら行ってきました。







ド平日の火曜日に17:30スタートなんてなるとだいぶ厳しかったんですが

3人のラストとあれば行かないわけには行きません。


その為に残しておいた代休を使っていざ武道館へ。








年末3人の転校(脱退)が発表されたとき何とも言えない気持ちでした。


推しの瑞季が抜けるであろう事はずっと前から何となく予測していて

同時に年齢的にも真山が抜けるんだろうなと思っていたから。





別に予測出来ていたわけでは当然無いんですが


ある時から瑞季の心ここにあらずな感じが何となく感じ取れてしまって


いつからか抜ける事に対する予防線を自分の中にはっていたのかもしれません。





そのせいか瑞季の転校が発表された際はとうとう来たかと。

とても残念な気持ちではありましたけど。







びっくりしたのはなっちゃんとひろのさんも一緒に転校だったことですかね。


このタイミングで3人も抜けるということがどんな事かいまいち理解できませんでした。




埼玉スーパーアリーナを成功させて、これからさらに大きくなっていくだろう。

そんな期待が肩すかしを食らったような気持ちでした。



同時になっちゃんの留学やらもあり、最後の武道館前に9人が見れるのは

俺の藤井のみとなり、スタダDDの自分としては本当にGETしておいて

良かったチケットになりました。




ももクロから入った自分ですから、本当のエビ中ファミリーからしたら

あまりいい顔をされないわけですけどね。



それでも藤井でのライブは個人的にはエビ中が一番輝いていて

短命の美学とも呼べるアイドルの良さを最大限に見れた瞬間でもありました。





間に自習やらいろいろライブを重ねる事に

なっちゃんの大きさに気付かされたり

3人のここまで残してきたものの大きさを感じるようになりました。




特になっちゃんに関しては今まで良さに気付けなかった自分が情けなくなるほどでした。


いなくなって初めて分かるなんて、本当に情けないです。





ラストが近づくさなか、ももクロの国立です。






圧巻でしたが、いまいち乗り切れないのはきっとこのエビ中の事もあってなのかもしれません。





アイドルに全く興味がなくて、むしろ鼻で笑っていた自分が

今やこんなにアイドルのライブに通い続けている。



そして初めて推しがいなくなる事を体験したわけです。





何か今でも上手く言葉に出来ずにいます。





同時に女の子のアイドルの短命に真っ向から向かっていこうとする

ももクロを見たとき、妙な安心感と真っ直ぐ前を見るれにちゃんを見て

涙が止まらなくなってしまいました。





2日目に花道を名前を呼ばれて歩くれにちゃんを見て

多くのお客さんが卒業だと思って一喜一憂したみたいですが



あのとき自分はチケットが手に入らず、Lvで見ていたので

よくれにちゃんの顔が見れたせいか、そんなことは微塵も思いませんでした。





年末のあの日USTで見せた瑞季の顔と


国立で見せたれにちゃんの顔は全く違ったから。





むしろUST恐怖症になってるのもあるけど


こないだのあーりんの骨折USTの時の表情のがマジでドキドキしました。

完全なトラウマですね。







8人の初披露となった大阪グランキューブはLvで見たんですけど

エビ中というグループ・楽曲が好きなことは間違いないんですが

推しがいないというのはここまで違うのかと思ってしまうほど

どうして良いかよく分からずな感じでした。





そして迎えた武道館当日。




正直書くかすごい悩みました。

いろいろあったから。




いろんな気持ちが交差して、終わった後何とも言えない気持ちでした。



誰かが嫌になるような事は書いてはいけない気もしたんですが


正直な気持ちということで。








長々書いても仕方ないので端的にいきます。





まず勝手なイメージで






「武道館=感動する」





という頭で行ってしまった自分もいたのは否めません。





結果は






「エビ中=楽しい」





でした。






そもそもエビ中ってとても楽しいグループなんですよね。


感動して涙が止まらないライブになるかと勝手に思ってましたが


やっぱり楽しくて笑ってしまう。




それがまさにエビ中なんだと再確認しました。


当然いろんな思い入れがある曲は泣きそうになりましたし

感動する場面はたくさんありました。



でも最終的にはなんか微笑ましくなってしまうのは

前にも書いたようにエビ中というグループが

圧倒的な多幸感を持ったグループだからだと思います。








とても幸せな暖かい気持ちになる。








それがエビ中最大の武器だと思っています。


それは武道館であっても変わらなかったということでしょう。







しかし良いことばかりではありませんでした。



今回ショックだったのはずっと言われてきたことですが

うちらお客さん自身です。






正直書くの悩んでいたのはここです。






酷いもんでした。





自分だってそう思われているかもしれない。

そう思うとこれからがちょっと怖くもなりました。




好き勝手なコールや度を超えた推しジャン。

空気を読むこともなく名前を連呼する人がいたり



スタッフが注意に回ったりしていて、とても良い状況とは言えませんでした。



自分も悪いんですがそういう空気に心をかなり持ってかれやすいんです。









感動させてくれるような良いライブをするエビ中





好き勝手に度を超えたコール等を連呼する客。









気持ちがいったりきたりでした。




最後一緒に言った連れに話を聞いたら連れも同じだったようで…





運営は着席指定の席を作ったりして


いろいろな人が自分に合った見方が出来るように対策はしてくれています。







ライブ感が好きですから出来ればスタンディングで立って見たい。


でも自分もこうやって誰かの迷惑になったりしてるのかもなと思ったら

なんか少し怖くなりました。






この日9人のエビ中はエビ中らしく終わってくれました。


11人のエビ中として輝きを見せてくれて


8人のエビ中として新たなスタートも切りました。




推しがいなくなった喪失感はまだ感じていません。

本当にいろんな気持ちが交差したライブだったので

いまいち実感できてないのが現実でしょうね。




でも9人そして11人のエビ中を目に焼き付けました。



これから推しはいなくなりますが変わらずエビ中を追いかけていきます。



なんだかんだ言ってもやっぱエビ中自体が好きで

瑞季がいなくなったことは残念でなりません。



でもそれが終わりではなく、新しい始まりなだけです。




そんな感じw








んーなんかアイドルの事となると上手く書けないんですよね。

いろいろあったのもありますし。






とりあえず武道館の感想って事で!








ではまたー。














最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/71-9ca064da