人気ブログランキングへ
どうもー。





晴れて自由の身になったので、予定通り奥多摩檜原ルートに行ってきました。


IMG_1405.jpg




車に自転車3台積んで、友人Hは自分の車で来るそうなので2台で武蔵五日市駅を目指します。


後日詳しく書きますが、新しくサイクルキャリアを買ったので車載も楽ちんです。





諸事情で9時出発だったので割と遅めの出発。



武蔵五日市駅に着くと、確か10時30分近くになってました。







ささっと準備して出発。


今日のメンバーはチーム員全員集合の




【自分・エース・友人H・友人Y】




の4人です。フルメンバーだとたくさんいて楽しいです。

フルと言っても4人しかいませんが…

もっとメンバーは増えたら嬉しいんですけどねw




今日のルートは武蔵五日市駅から都民の森を目指して、そのまま周遊道路を下り

御岳駅を過ぎて秋川街道を右折してまた武蔵五日市駅に戻ってくると言う定番の奥多摩周回90kmコースです。

獲得標高も1500以上取れるはずなのでナイスなコースです。




今回は1ヶ月のローラー台生活の成果を調べるために都民の森TTに挑戦します。




都民の森TTは檜原ルートの役場過ぎにあるT字の交差点~都民の森駐車場までの

区間のTTです。



都心からも近いのと、適度なアップダウンと勾配なので多くの人が走っているコースでもありますね。



全行程のデータは



・距離20.35km


・平均斜度3.6%




と言う良い感じに登れる坂です。


ただ後半は10%の看板があるように結構きつくなるんですよね。



平均3.6%っていうの前半の平地と下りも込みだから低い数字になっちゃうんでしょうね。








さてとりあえず役場まではウォーミングアップがてらゆっくり目に流します。


自分を先頭に4人一緒に列車を組んでスタート地点を目指します。





武蔵五日市駅から10kmぐらいですかね?


漕ぐとスタート地点の役場過ぎの交差点が見えてきます。




さあ。こっからスタート。




みんなに基本1本道なので各自のペースでと言うのを伝えていざスタート。




1時間の登りが始まります。







序盤に感じた異変はやはり間違いではなかった。





と言うのもウォーミングアップの時点で心拍数が160~170の間を行ったり来たり。



明らかに数値が高い。



軽く流しているはずなのに一向に数値が落ちる気配がありませんでした。





いざスタートしてからはあっという間に180を越えてしまい

スピードを落として心拍数が安定する170代まで下げた方が良いのか

このまま行くしか無いのか悩みました。




そうこう考えている内に185まで上がった瞬間







「ガコンッ!!」






と音がしてチェーンがホイール側に落ちてしまいました。




やってしまった…


って言うかなんでこうならないように先日レース前だからと

店に全部調整と点検頼んだのにと軽い怒りが込み上げてきました。



加えてこの後の話ですがこの日後半戦はフロントのギアがインナーからアウターに変わらなくなって

何とか入れたアウターのまま走らせる事にもなったんですよね。





結局は自分で調整しなかったのがいけなかった。ちゃんと確認しなかった自分もいけなかったんですが。








その瞬間を見逃すはずもなく、エースとHがここぞとばかりに抜き去っていきます。




いろんな事を考えていた自分ですが、もうそれどころではありません。

今日はある意味で言えばチーム内でのレース。




エースは先日の逆襲を狙い、Hはこのレースで初心者が勝って優越感を楽しむと言う裏が見え隠れした

戦いでしたからね。






慌ててロードから降りてチェーンをはめ直し、スタートすると…

もう既に100m以上の差がこのちょっとの時間で付けられていました。




あまりに予想よりも離された事で逆に冷静になり、急に差を詰めるようなバカな事はしないで

長い時間をかけてペースを乱さずに抜く選択を取ることが出来ました。









この2ヶ月で自分のタイプは変わって、ある時から山がある程度登れるようになれました。


同時に誰に教わったわけでも無いんですが、自分なりのいろんなコツも突然分かるようになり


山を登る力に変わっていきました。




山は全くダメだったのでスプリンターだと思っていた脚質も、パンチャーのように瞬間的な加速

に特化してなら山でもそれが出来るようになったので今日もその戦術で行きます。






まずはジワジワと追いかけて追いついた後、どちらかのパターンを取ります。




・動きが分かるあからさまにオーバーにリアクションしたりして真後ろにべったりくっつく


・後ろからハイペースで一切止まらず振り返らずに抜く。





前者の場合その後しばらく適度な距離で楽そうな雰囲気を出しながらぴったり追走します。

そしてしばらくしたらこのペースじゃ遅いと言わんばかりにダンシング使わずにシッティングで一気に仕掛けます。




ここからは前者も後者も一緒です。



パンチャーの基本通りしばらく高負荷で一気に引き離します。


もし仮に相手が追走してきた場合は一度走っては止めて、しばらくしたらもう一度アタックをかけてと繰り返します。






ここでもし振り切ることが出来たならばコーナーを曲がったら遙か先にいる、もしくは見えない所まで

引き離せばOK。




初心者レベルのレースならばこのはったりにも似たペースと引き離された距離を見た瞬間心が折れます。



一度折れた心はそう簡単には元には戻りませんし、相手のペースもガクッと落ちます。






後は自分の出来うる限りの良いペースで走るだけです。









今日はタイムトライアルしていたのもあるので、後者の追いついたらペースを緩めずに一気に引き離しにかかるを

選びました。





仕掛けるポイントは追いついてこないように下り区間は避けて登りで抜き去り必死で漕ぎます。



しばらく無我夢中で走って大きな折れ曲がったカーブで下の方をを見るとそこにエースとHの姿は見えなくなっていました。



ひとまず一つめの作戦は成功したみたいです。




ここから長い一人旅が始まりました。







今日はここまで。






続きは次回。







最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://rokirokiz.blog.fc2.com/tb.php/96-bca29c7e