人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


どうもー。




そう言えばすっかり書くの忘れてました。


なのでサラッと今日は書きたいと思います。







3/9にれにちゃんのソロコン見に名古屋に行ってきました。




1~2年前にももクロぴあにて、まことしやかに発表されたソロコン。





ももクロぴあVol2にて当たりが出れば、開催地も開催日時も未定の架空のれにちゃんソロコンサートのチケットが当たると言う触れ込みで始まった話。




初めは当然架空と名を打ちながらも、当選券欲しさにももクロぴあをモノノフ達が大量購入する流れになり、物議を醸しました。



複数買いや接触系イベントに否定的な自分なのですが、さすがに嘘か誠か分からないとは言えれにちゃんのソロコンサートと言われては買わないわけにはいきません。


人生初の複数買いを経験して、見事に5枚のハズレ券を手に入れたのでした。




その後自体は一変。





いつやるかは未定でも開催することは約束されていたソロコンに暗雲が。





そうです。ももクロぴあ事件の勃発です。




ももクロぴあの発行部数をぴあが少なくスターダスト(ももクロ所属の事務所)に虚位報告し、印税をちょろまかすと言う暴挙に。



内部告発によってその事実が明るみに出てしまったのです。





その結果、因果関係は分かりませんが、ももクロはライブのチケット販売をぴあから引き上げる自体に。

既に引き上げかけてたももクロ側にぴあが当てつけでやったなんて噂も…。




会社間の遺恨という形ではないのは、エビは普通にぴあでチケット扱ってたりするのでよく分からないんですけどね。




その事件のせいでれにちゃんソロコンの話は一気に消え失せ、時が流れました。





れにちゃんのソロコンなんて忘れかけていた頃、突然ソロコンの話が具体的な内容を持って進展します。





3/9だけれにちゃんの幕が上がるの舞台挨拶がないのです。





ファン達はそれに歓喜して、この日がソロコンだと湧き上がりました。

しかし、チケットを持っていない自分には関係のない話です。






そんな中、詳しい話がどんどん出てくるうちに場所は名古屋。


そしてチケット無しの人も一日4回公演になったので、チケットを手に入れるチャンスが訪れました。




祈る気持ちで申し込み、そして当選。




3/9はド平日の月曜日ですが、何とか半休を取って新幹線で名古屋へ向かいました。






母方の田舎なので、久々の名古屋でしたが今回はソロコンが目的なので何もする余裕もありません。




合わせてノープランで来てしまったので、どこにいって良いかも分からず終い。


雨で名古屋駅からも出られないので、名古屋駅を1時間以上徘徊してしまいました。





弾丸プラン過ぎて、ソロコン見た後は夜行バスで帰宅です。



その後朝から仕事となるとかなりエグイですが、そこは気合いです。






1部…2部…と公演が終わる毎に、ソロコンの内容が明らかになります。



時間は正味75分程度。




内容は公演によって違うようですが、基本的にはれにちゃんのトークとほぼカラオケ。




このれにちゃんのカラオケ大会にウン万円払って来てる感じがカオスですね。w




となると自分は8時30分からの最後の4部の会。




21時30分に終了して、アンコールで21時45分終了。





かなり悩みましたが仕事も残っている中、無理矢理脱出してきて、夜行バスで帰ると言うことは次の日も眠くて仕事にならない。



社会人としてそれはまずい。




苦渋の決断ですが、夜行バスを緊急用にそのまま残し、新幹線の終電(22時10分)に間に合うようにラスト一曲を残して会場を出て、タクシーで名古屋駅に向かえば1時には自宅に帰れる算段に。




タイムイズマネーです。


社会人らしく仕事に穴を空けないように、しかし金で解決させるダーティーな大人の選択w





プランは決まりました。




最後まで見ても22時10分には間に合いそうですが、矢場町駅から名古屋駅まで行くタクシーが掴まらなかった場合や終了直後の混雑で思うように動けない事態になった場合間に合わない可能性が大いにあります。



9時30分の時点で会場を飛び出して、タクシーを拾い、21時50分に名古屋駅に到着して荷物をロッカーから引っ張り出し、優雅に弁当を買って帰る作戦で行くことに。




初めての一人遠征+弾丸遠征。最後まで見れないのも初めて。



ドキドキしながらライブがスタート。




何か全員紫推しって言うのもかなり新鮮でした。紫推しって割と静かな人が多いイメージだから、どうなるかと思いましたがさすがの熱量。


開始から最後までノンストップで盛り上がり続けました。


一人だけ全身赤で固めた人がいて気合い入っているなーと。w



まあ絶対紫推しだけしかチケット取れないなんて言ってませんからね。あくまで優先。


でも生粋の紫推しの知り合いが落選して、必死にチケット探しているのを知っていたので複雑な気持ち。




もし自分がぴあ当選分のチケット持っていたらその人に譲ってたと思う。

一回に見れれば良い。その分を持ってない人に渡したかった。




譲れるチケットがなかったのがちょっぴり悲しかったですね。





マイラバ聴けたのは本当に嬉しかったな。



れにちゃんのカバーで一番好きなのはマイラバだったので、良い会が引けたと思いました。




予定通り9時30分になったら泣く泣く、会場を飛び出します。






パルコの外に出るとジャストなタイミングでタクシーが。






全身紫で雨で寒いのに薄着の野郎が突然タクシーに飛び乗ってきたいせいか、運転手さんは全然話しかけてきません。




20分程度で名古屋駅に到着して、先に新幹線のチケットを押さえて、ロッカーで荷物を受け取り着替えます。




だいぶ時間に余裕見ていたので、1本早い22時02分の新幹線で無事に東京に向かうことが出来ました。





初めての一人弾丸遠征。




いつも車ばかりなので、新幹線すら自分のお金で取るのは初めて。



すごいバタバタした一日でしたが本当に楽しい一日でした。




いつぶりか分からないぐらいの近さでれにちゃん見れましたしね。





ではまたー。




最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


どうもー。



エビ中の舞台



【エクストラショットノンホイップキャラメルプディングマキアート】


IMG_2087_201503161041119a4.jpg

IMG_2099.jpg






見てきました。







はっきり言って素晴らしいの一言でした。


まず脚本、演出が素晴らしかった。




良くあれだけ8人を輝かせられる内容に仕上げたなというぐらい良かった。





そして演者さん達みんなとても良かった。




あんなに本気で笑ったのは久々だし、複雑に交錯する笑いのネタをあれだけうまく結びつけていくのには脱帽だった。





舞台が演劇部と言う設定で、ももクロとモロ被りじゃ…とか思ってしまってすみません。



舞台自体あまり見る経験もやった経験も無いのですが、昔から知り合いが劇団に入ってたりでちょいちょい見に行ったりはしていました。



そして自分自身も高校生の頃、劇をやった経験が多少はあります。






うちの高校は何故だか高校三年生の文化になると全クラスが演劇をします。





経験者関係なく、ほぼ全員素人達が受験生なのに一夏かけて必死に文化祭に向けて劇を作り競い合います。


自分は一年と三年の時にやり、本当にみんなに迷惑ばかりかけてばかりでした。




高校生の頃を思い返すと良い思い出より、消し去りたい過去や謝りたい事ばかりで思わず蓋をしたくなります。





ただそんな高校生生活をやってきたせいか、劇を作り上げるって本当にすごい事だなと常々思います。

何かを作り上げるって事がそもそも全般的に簡単な事じゃない。




今まで誘われたりして見てきた作品は喜劇と呼ばれるものが多く、感動したりするものよりは見て笑うと言うものが多かった。



今回のエビ中も内容的には終始笑い続ける内容で、エビ中ファンならずとも大いに楽しめる事間違いなしでした。




特にぽーちゃんとりななんが素晴らしかった。



ぽーちゃんは普段あんなにテンパったりしてるのに、役になった瞬間から素晴らしい演技でした。


コミカルな演技だったので、より普段のベースが生きていた気がします。


特に顔芸が素晴らしかった。笑



ぽーちゃんとりななんが上手く場の空気を作った上に、他の子達が生きている。


そんな感じがしました。


一番場をしきっていたのはひなたなんでしょうけど。




りななんのように普段ライブで見せる顔と全く違うキャラから、安本さんのようにそのまんまのキャラまで。


本人達のイメージに合わせたと言ってましたから、素の彼女達はあんな感じなのかもしれません。


りななんの振り切れ方にはかなり笑わせてもらいました。


あれが素のりななんだとすると確かにすごい圧かも。笑






映像化されることも決まったので、絶対に買いたい久々の作品です。





前回の蟻も良かったんですが、今回はあんなどころじゃありません。


見ていて、こりゃ2015年というかエビ中が売れない訳がないと強く思いました。





まだこんなにも才能を秘めていたのかと思うぐらい素晴らしい片鱗を見せてくれたと思います。


浅い鑑賞数ですが、今まで見てきた喜劇系の中では群を抜いて面白かったです。



本当に良いものがみれました。





興味がある方は映像化されるようなので、是非買って見てみてください。


アンジャッシュ系の勘違いと行き違いの連続の笑いに思わず笑ってしまうでしょう。



今日はこんなところで。



ではまたー。









最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
2015.03.05 幕が上がる
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村









どうもー。





タイトル通り。やっとももクロちゃん達主演の【幕が上がる】見てきました。



IMG_2040[1]





多少のネタバレありの為、嫌な方は見ない方が良いかもしれません。













前評判通りのとても良い作品でした。







レビューなどの感想に皆さんが書いてあるとおり…




・アイドル映画という偏見無くおもしろい。


・学生時代の部活など何かに打ち込む青春に心をうたれる物がある。










そんな映画でした。








自分の感想も同じで、アイドル映画なんて偏見で見なかったら勿体ないぐらい良い映画でした。




多少アイドル要素を入れて曲が途中に流れるんですが、そこがむしろ邪魔なくらい。



一般の作品通りで良かったんじゃないの?とファン目線から見ても思ってしまうぐらい良い映画だった。










特に夏菜子の演技が素晴らしかった。










主人公なので夏菜子の一人称視点での映画なんですが、微妙な心の動き方や仕草などが絶妙だった。







黒木華さんが前評判通りズバ抜けて上手いので、序盤はその対称で演技のレベルが浮き彫りになっている。



ただ本人も話していたとおり、黒木華さんに引きずられるように、後半に向かって全員が一気に成長していくのが感じ取れる。







それが狙ったようにドンヨリとした序盤の高校生活での何となく過ごす生活から演劇に打ち込んでいく過程におもしろいぐらいマッチしている。







自分はこの映画を見てなぜか【風立ちぬ】を見た後の事を思い出していた。






どんな世界にも葛藤はあるけれど、世の中には何か好きなことをやる人には大きく二つに分かれると思ってる。








・好きなことをやれてれば幸せなタイプ





・好きなことをやっている中で他者と比較するタイプ








趣味以上に本気でやっていることへの感じ方は大半の人間が後者だと思う。






前者はたぶん変わり者と呼ばれている人が多い気がする。








自分と他者を比較するから、優劣が付く。





そこで自分の才能や劣等感に気付いて苦悩する。








なんで自分はこれをやってるのだろう。






嫌なら止めれば良いし、別に好きでやってるだけだし。






でも勝ちたい。




もっと頑張りたい。




もっと高見を目指したい。








そうやって苦悩しながら自分が何者なのか考える。








それが大人になると途端に全てのことを現実という言葉で全て言い訳するようになる。







それを悪いことだとは思わないし、生きていくってそう言うことだと思ってる。








ただ好きなことぐらいそう言う言い訳をとにかく少なくしたい。






何事も才能は間違いなくある。




個人の能力差はある。






全ての人は当たり前だけど、平等になんて生まれてこない。







【自分には才能がないから…】





【自分なんてこんな物だから…】







そんな枕詞を付けてしまったら途端に陳腐になってしまう。






若いから出来る。




それも一理あるだろう。





でもそれ以上に自分が何かに打ち込んでいたり、才能や優劣で葛藤をしたことがある人なら


この映画は心に響く何かがあると思う。










自分は今やっているロードバイクと比較しながら見てました。







良く周りの人に…







「そんなに頑張って何になるの?」






そんな風に言われることがある。







確かにプロになりたいわけでも無いし、なれるとも思ってない。







仕事もあるし、日常に大事なことはいっぱいある。







ロードバイクで走ることが好き。ただそれだけ。










でも好きと言う気持ちが芽生えた時から、負けたくない気持ちが生まれて


誰かと競う気持ちも生まれました。







競う気持ちが生まれて、自分の能力の低さや才能の無さに気付いて劣等感でいっぱいに。






でも好きだし、負けたくないから必死にやるしかない。








その繰り返し。












好きのベクトルが誰かと比べる事に向いてしまった人のジレンマなのかもしれませんね。







途中で、【やるなら一番になりたい】だったか勝ちたいだったか。





そうはっきりと言う夏菜子のシーンが印象的でした。










なんか上手く言葉に出来ませんでしたが、もし機会があれば是非見てみるとおもしろい映画だと思います。









ではまたー。





最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。



今日はアイドル関連のブログです。









最近仕事が忙しくて全然ライブに行けてませんでした。



まあ正月とかは行ったんですけど、なんかブログに書く気があまり起きなくて…








久々に手元にチケットが無く、今後の予定が白紙状態になってしまってましたが
3月に向けて少しずつ予定が決まってきました。








まずはエビ中の舞台。







エビの舞台は前回のリトル歌劇団以来なのですが、すごい楽しみ。



舞台って物自体あまり見に行く機会が無いのですが、見たら本当に楽しい。





アイドルが総合芸術って言われるのは、良くも悪くもこの広く浅く何でもやるところだなと思います。


それが楽しくてアイドル好きなわけで。







世にはガチ恋勢(LOVEの方)と、アイドルとして好き(LIKEの方)と2パターンありますが


自分はどちらかと言えば後者の方なので、曲が良かったり、ライブが良かったりしないと可愛いだけで興味を持つことは希です。





裏を返せば可愛かろうが、可愛くなかろうが楽しいのなら良いのかも知れません。









また脱線しました。笑









なのでまた舞台が見れるとか本当に嬉しいですね。



いろんな側面で楽しませてくれるのが何より楽しいです。





そしてツアーもNHKホールが当たりました。





NHKホールは初めてももクロを現場で見に行った思い出の地なので


またあの場所に行けるんだなーと思うと感慨深い物があります。





しかもかつてこれだけライブに行ってきて引いたことがない良席っぽい。



見方が間違ってなければ ステージから3列目という席を引き当てました。





もうそれだけで大満足です。







エビ中ちゃん達のあの多幸感を今まで以上に体感出来るなら


Mt富士のシルバーも大いに達成に近づくことでしょうw








今回のツアーは金八のツアーなのですごい楽しみです。




このアルバム自分的にはすごいスマッシュヒットで、当たり曲ばかりです。




特にテブラデスキーとPLAYBACKが好きなんですが、テブラデスキーが本当に楽しみ。






ハンドクラップからのフッフーやった後、りったんとぁぃぁぃの歌い出しの前に


いったいどんな口上をみんなが突っ込んでくるのか楽しみで仕方ありません。




そして大本命。






【れにちゃんのソロコン】














当たりましたー!










これは嬉し過ぎて上手く表現できない。



紫推しとして、ソロコンに行ける有難さを噛み締めています。



しかし平日の20:30~名古屋でスタートなのでかなり予定取るのが辛い。




仕事を早めに代休使って切り上げて、新幹線で名古屋に。


ライブ後は夜行バスで東京に戻りそのまま仕事に。




自分にはちょっとした冒険ですよ。





毎回遠征組で地方から東京に遠征に来ている方々には脱帽です。



お金も労力も半端じゃない。



今回宿泊無しの1時間のライブ見るために何万もかかるわけですから。




毎回これをやってる方々は本当にすごいです。





後は幕が上がるの舞台挨拶とエビの千葉当たったら完璧だな。



今年はロードバイクをもう少し頑張るつもりなので、練習時間もちゃんと確保しなきゃいけないんですけど、やはり行ける現場には行きたい。



よく自転車仲間に



「山登ってる時どんな感じで登ってるんですか?」




と聞かれて





「まさかアイドルソング脳内で流しながらコールしてます」





なんて言えない。笑






景色綺麗だなーとかキョロキョロ見たり、一定のリズムでダンシングしてる時とか高確率で脳内コールしてますからね。





意外とその方が速いんです。






こないだも山を登ってて辛くて諦めそうになった時






「絶対負けない!」





と安本さんが脳内で歌いはじめまして。



脳内で涙は似合わないが流れ始めて何とか上りきりました。






この曲、山だと自分にとってはすごいちょうどいいリズムなんです。




歌詞も良い感じですしね。





弱虫ペダルで坂道が歌いながら上ってますが、あれは実際に速いと思う。笑



自分がまさにそれなので。






ひたすら自分との戦いの山は、自分がとにかくペースを良い感じで保てる事が一番良いですからね。




これが清く正しいアイドル好きローディの姿だと自分は思ってますが。




とにかく3月が楽しみだ。





自転車もライブも。






あと一週間頑張りましょー。




ではまたー。





最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
2014.12.24 エビクリ2014
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




どうもー。




今日は久々にアイドルの話でも。



いちおう自転車ブログがメインなんですがたまにはね。






とりあえずエビクリ行ってきました。



有明コロシアム初でした。




本当に驚かされるのは、かほりこの成長。



3人の転校が発表されてからもうそろそろ一年経つんですね。


かほりこの転入が決まって、バタバタしながらも8人の新生エビ中として書く抜けた一年でした。



初めこそポンコツだった二人も驚くほどのスピードで成長して今や他のメンバーとなんら遜色はありません。




先日の横アリを見たとき、少し前までは周りを伺いながらダンスしたり、歌っていた二人が一万人と言う人の前で堂々と楽しむ姿に何か心を打たれるものがありました。



広い世界で何人の人が半年ちょい後に一万人の前で踊って歌うなんて事が出来るでしょうか?

しかも中学生ですよ。



その上既にパフォーマンスとは言え、楽しそうにきゃっきゃ騒いでるわけです。


末恐ろしいです。






話戻って、今年のエビクリは1日目はまさかのしっとり主体。


エビ中バンド初お披露目で生音でしっとりと聴かせる曲中心にやってくれました。



だいぶ席によって音質の違いがあったみたいで、自分は2階席の着席の真後ろだったからか割と良かったです。

音質の良し悪しはマイクの入り以外は気になりませんでした。



個人的にエビ中バンドのアレンジはすごい好きでした。



ただ生音が合う曲合わない曲はっきりしてたように感じました。





やっぱりベタなのはわかってますが、アンコールの恋で涙腺がゆるむ、ゆるむ。


なんかいろんな事思い出しちゃうんですよね。






二日目は


一日目と打って変わってセンターステージ。



いかに一日目に人が入っていなかったかを露呈してしまうぐらい、センターステージだと人がわんさか。



有コロの半分しか使ってなかった一日目と、全方位使った二日目だと熱気すら別もんでした。



一日目は北半キュリスマスと言うことでしっとりめ中心でしたが、二日目は南半キュリスマスなので盛り上げる曲中心。


と言っても不思議な選曲でしたけどね。二日間とも結構最近の曲より古めの曲やってた印象。





一日目も悪くなかったんですが、二日目の方がなんか楽しめましたね。





やっぱりエビ中は多幸感が武器のアイドルだと思ってるので、そのあふれ出すような多幸感が二日目の

方があったように思えたのが大きかったのかもしれません。





人それぞれ好みはあるでしょうが、自分はそんなエビ中の多幸感が一番良く出ている曲は





【サクラ・ゴーラウンド】





だと思ってるんです。







あの曲がかかるとなんかいつもコップから幸せがあふれ出てきて満たされていくような

ハッピーな気持ちになるんですよね。





感動したり、盛り上がったり…人それぞれ求めている物なんて様々あると思いますけど

ここまでエビ中のライブに通いたくなる自分の理由はそこです。





とにかくなんだか暖かい気持ちになる。


そんな曲が多いのでエビ中が好きです。







もう一曲この日気になったのが…






【ラブリースマイリーベイビー】









いつからでしょうね。この曲がこんなにも楽しい曲で、会場中が一体感に包まれるようになったのは。


この日はこの曲の時が自分のピークだった気がします。


すごい楽しかったし、なんかすごい充実感があったw







あっという間過ぎた二日間でした。




しかし二日間ともアンコール無し。






物足りない気もするけど、いつもアンコールはあって当たり前だと思っているので新鮮だった。




本当はこれで良いような気がする。






ダブルアンコールが偶発的に起きて、アンコールの声が止められなくなって再び出てくるときのような

心から望んだアンコールの時はすごい嬉しい。



時間の関係とかいろいろあるとは思うけど、もし全力でアンコールと叫ばなければアンコールが始まらないなら

もっとすごい事になるような気がするし。





アンコールしない事が悪いとは言ってない。



でも最近ももクロもエビ中も見に行くと、みんな座ったままでアンコールしてる人と座ってる人半々ぐらいなんですよね。

みんなで必死にアンコールかけてる時ってやっぱり良かったライブが多い。






だからたまにはこうやって日常になってしまったアンコールをすっぱりやらないのはやらないで

まあいいかと思ってしまった。



とにかく楽しい二日間でした。




このまま今週はももクリにシフトチェンジしていきたいと思います!!



ではまたー。






最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加してますので

最後にぽちっとしていただけたらrokiが喜びます\(^o^)/


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村